IT企業から一般企業に転職するエンジニア

IT企業で最先端の情報技術に関わりながら働くのはエンジニアがよく目指すキャリアですが、中には十分にスキルを磨いて現場経験も積んだ後で一般企業に転職する人もいます。一般企業の社内エンジニアのニーズは高く、IT企業で働いてきた経験が求められているのが一般的です。ポテンシャル採用というのは稀で、即戦力になる人材しか抜擢しないというスタンスで求人を出しているケースが大半を占めています。

このようなキャリアパスを選ぶエンジニアは増える傾向がありますが、そのときによく注目されているのがワークライフバランスの充実です。IT業界では競争が激しいことから残業が多くなり、競争に勝ち抜けるように必死に働くことを余儀なくされる傾向があります。

また、将来性に不安になる人もいて、自分の技術がいつまで役に立つのかがわからずに悩むこともあるのが実情です。一般企業であれば雇用は安定していて、業務内容も社内ネットワークの維持や改善、ITに関わるヘルプデスク業務などが典型的なもので、競争をしなければならないという圧力はあまりありません。落ち着いた勤務環境を手に入れたいというエンジニアから好まれるキャリアパスとなっています。

ただし、多岐にわたる業務を一手に受けなければならないことが多いため、柔軟な対応力を求められるのが社内エンジニアです。業務内容も企業によって個々に異なるので、転職先を検討するときには十分な注意が必要です。