知っておきたいエンジニアの年収事情

IT業界で働くエンジニアの年収は全業界で平均した年収に比べると高い水準にあります。新卒で就職したときの初任給もかなり高い水準にあり、若いうちから稼げるという魅力がある職種です。しかし、年収がその後もしっかりと上がっていくかとはまた別問題なので注意しなければなりません。実際には年収が上がりにくくて悩んでいるエンジニアもいます。成果主義で実績を上げていかないと昇給がほとんどない現場も多いからです。そのため、エンジニアが高年収を目指したいと考えたらキャリアアップを目指して努力をすることが必須となります。

昇進を目指してプロジェクトリーダーを経てプロジェクトマネージャーになるというのはシステムエンジニアでは典型的なキャリアパスです。ここまで昇進できると1000万円クラスの年収になることもよくあります。ただし、一つの会社にプロジェクトマネージャーの数は限られているので、他のエンジニアとの競争が必要になるのは確かです。競争を勝ち抜く気持ちが多かれ少なかれ必要になるのは覚悟しておきましょう。

転職して他の会社で管理職を目指すというキャリアパスもよく選ばれているのは、優秀な人が同世代にいると昇進が難しくなるからです。必死に働いて実績を上げつつ、需要のあるスキルを磨いていけば転職するのはそれほど難しいことではありません。それに加えてマネジメントに適性があると認めてもらえれば管理職になって年収を上げられる可能性が十分にあります。

一方で、フリーランスとして活躍するエンジニアの年収も気になるところです。ただ、働き方や習得言語、持ち合わせているスキル、これまでの経験でも年収は異なるため、このサイトで調査されている詳細な情報を見て、年収を比べてみてもいいかもしれません。